会社概要

有限会社利行建設

0120-59-1040

〒873-0524 大分県国東市国東町横手1849-1

営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日

会社概要

会社概要

本社

有限会社利行建設

代表者名
利行 次男
住所
大分県国東市国東町横手
1849-1
電話番号
0978-72-3340
FAX番号
0978-72-3342
営業時間
9:00〜18:00
定休日
水曜日
dsc01565-1-1-1600x1200

大分営業所

有限会社利行建設 大分営業所

住所
大分県大分市南津留21-5
中道ビル101号
電話番号
097-578-7835
FAX番号
097-578-7836
営業時間
9:00〜18:00
定休日
水曜日
new_%e4%bc%9a%e7%a4%be%e6%a6%82%e8%a6%81_%e5%a4%a7%e5%88%86%e5%96%b6%e6%a5%ad%e6%89%80

駐車場のご案内

阿部薬局さんを過ぎると、緑のフェンスに囲まれたOBS駐車場があります。
駐車場の奥側1列(22~28番)にお停めください。

ご挨拶

History

dsc01563

大分で注文住宅を手掛ける「有限会社 利行建設」の代表である私、利行次男は、1956年10月1日、父・昭治、母・タキエの二男として生まれました。
幼少の頃、兄が小児麻痺にかかり、医療費を稼ぐために、父は出稼ぎに、母は日銭稼ぎの土方にと、その日暮らしの生活を送ってました。
しかし、看病のかいなく兄は9才の若さで生涯を終えてしまい、私は名前が「次男」で有りながら、長男になったわけです。

現場での経験

兄の死後、父は地元で大工を営み、私は父の一番弟子として寝起きを共にし、学校に通いましたが、休みの日は大工の手伝いや、左官の手伝いが日課でした。
高校卒業後、建築の大学に進学し、卒業と同時に大分の建設会社に就職しました。
主にRCの現場が主体で、そこでの現場監督をしていました。
27才の時に会社が身売りをしたことをキッカケに、実家に帰り、大工の仕事をしようとしましたが、父は、「モノ造りがすべて!現場監督や管理者なんて何をする人か!」と言った感じの昔ながらの職人気質で、仕事を手伝う=すなわち職人であり、自分が職人となり生計を立てるしかないと決意し、家づくり職人の道を歩き始めました。
技術を磨き、2~3年でいっぱしの職人と言えるくらいになり、「技術さえあれば仕事は絶対に無くならない!」との思い込みから、いろいろなつくり方をしては、自分で満足をしていました。
ですが、現実はまったく違い、ハウスメーカーや営業力のあるところ以外には仕事が来ないことに気づき、何とかならないものかといろいろ考えていた時に、ナックのDMに目が留まり、福岡まで説明会に行ったのです。
タマホームの玉木社長の実践体験談を聴き、今、私が出来る事はこれしかないと思い、即申し込みをしました。

大きな壁を乗り越えて

ところが、資金が500万円必要ということで、親に相談しましたが「何も保証のない事にそんな大金は出せない」と断られ、銀行に融資を申し込みましたが、すんなりと融資してくれるはずもなく、保証人を立てることで何とか融資を受けることができました。
研修を受け、価格の決定から営業の仕方、ポップ作成など、今までに経験したことのないいろいろな事を教えられ、それを実践しはじめたところ、わからないなりに仕事は今までよりも来るようになりました。
これで何とかなると思ってましたが、また厳しい現実の壁にぶち当たりました。
ローコストの住宅戦略は競合する会社が多く、営業力のない当社は、なかなか受注に繋がりません。
そうして試行錯誤している時に、澤田さんが立ち上げる会に出会ったのです。
澤田さんがやることに絶対に間違いはない!と思い、説明を受け、これしかないと確信し、すぐに決断しました。
自分に嘘をつかず、お客様に喜ばれる夢のような話で、本当に素晴らしい材料を使用することができ、今まで当たり前に使用していた材料が、本当は住む人には害になるという大切なことも知りました。

自信を持って提案する「こだわりの家」

わかった以上は、危険な材料は決して使わない。
住んでいる人が、健康になる家づくりを進めて行くことが、私に課せられた義務と責任だと思い、本物の家づくりに邁進しています。
私が自信を持ってお届けする「こだわりの家」を、是非ご覧ください。

お問い合わせはこちら

〒873-0524 大分県国東市国東町横手1849-1

営業時間/9:00~18:00  定休日/水曜日

TOP