大分で自然素材の注文住宅をたてるなら、利行建設へお任せください。

安心・快適・安全・長持ちの家 家族の未来が見える そんな豊かな暮らしができる注文住宅 利行建設がご提案いたします

  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 利行建設のこだわり
  • ホーム

無添加の家づくり

無添加の家をつくる原動力

今、世の中は自然素材ブームです。これまでごく当たり前に使われてきた「新建材」が環境や人間に悪さをすることがわかってきたということもあり、自然素材をなるべく多く使っていこうという動きがあります。ただしすべての自然素材がいいわけではなく、家の各場所にふさわしい自然素材を用いなければいけません。適材適所、木の性質に合った正しい使い方をすれば、自然とその良さが活きてきます。
利行建設では、住む人のマイナスになるもの(家族の健康を害する材料&短期間で壊れる材料)をとことん排除しています。

 

目指しているのは、目に見えない部分への配慮です

「あなたは、あなたの家族との日々をどんな空間でどんな環境で過ごしていきたいですか?」
もちろん答えはひとつではありません。家族の数だけ答えがあるはずです。でも、間違いなく言えるのは、「体によくないものはできるだけ排除して、毎日を心地よく過ごしたい」「永く安心して暮らしたい」ということではないでしょうか。
今、多くのハウスメーカーや工務店が「健康住宅」「自然素材の家」を謳っています。ところが、実際の家造りはどうなっているかというと、見た目は自然素材でも、売り手側が儲かるように、見えない部分で壊れやすい粗悪な建材を使い、体に有害な化学物質を多く含む建材を使い続けています。
国が定める数値や書類でしか判断しない名ばかりの法律に従っていたら、本当にいい家は造れません。

 

「本物の自然素材の家」は、家全体が呼吸しています

無添加の家イメージ写真自然素材、特に無垢材のよさは天然の調湿効果があることでしょう。無垢の木は、たとえ切り倒されてもその性質を失いません。湿気を吸ったり吐いたり呼吸し続けます。私の推奨する家では無垢材を構造体だけでなく、床、天井、ドア、階段すべてに使っています。
また、内壁にはスペイン漆喰を施すことが多いのですが、漆喰も「呼吸する壁」といわれ、水分の吸収と放出を繰り返し、湿度バランスを調整してくれます。クアトロ断熱に使っているセルローズファイバーも木から生まれているので同様に呼吸し、湿度調整しながら快適な空間を提供してくれます。
湿度が高いときには湿気をスッと吸ってくれ、乾燥しているときにはスッと吐きだしてくれる。これが自然素材の本来持っている力です。見えない部分まで体に有害なものを排した「自然素材の家」の中に1歩入ると、空気の柔らかさ、爽やかさを感じることができるでしょう。心地よい空間、快適な空間は、すべて自然素材の力が与えてくれるものです。

 

合板 集成材サイディング クロス グラスウール
IHクッキングヒーター防虫畳 化繊カーテン 化粧合板ドア 屋内防蟻剤

◎屋根の下地にも合板や集成材は使用していません。

屋根の下地にも合板や集成材は使用していません。屋根には昔ながらの無垢の屋根下地材を使用。
何枚もの薄い板を接着した合板に比べて通気性や調湿効果に優れ、乾燥によって板間にできる適度な隙間も、一段と通気性を高め、家を長持ちさせることになります。構造用合板は施工性もよく、単価も安いというメリットがありますが、湿気に弱く、年数が経つほど剥離しやすくなるなど耐久性に問題があります。
また、有害化学物質の入った接着剤が多量に使われており、シックハウス症候群の原因になると考えられています。

 

◎健康に問題のある合板や集成材は、いっさい排除しています!

健康に問題のある合板や集成材は、いっさい排除しています!例えば床。一般の戸建て住宅やマンションで目にするフローリングは、見た目はきれいですが、接着剤で構成された合板に0.2mmの薄さの木目調プリントを貼ったものです。あまりの薄さのため、傷がつくと合板がむき出しになり、補修が効きません。もちろん有害化学物質がたくさん含まれていることは言うまでもありません。しかし、特に指定されなければ、通常は何の説明もなく合板フローリングが使われるでしょう。
デメリットはそれだけではありません。夏は素足だとベトベトする、冬は裸足では立っていられないほど冷たい、湿気や紫外線によって劣化が起こり、ベコベコになってしまう・・・など、例を上げればきりがありません。住宅ローンを抱えてまで「健康を害し、数年で劣化する家」に住んでいただきたくないとの観点から、合板・集成材は使用しません。

 

◎重くて地震に弱いサイディングは使用しません!

重くて地震に弱いサイディングは使用しません!サイディング(レンガ調などのコンクリートパネル)やALC(軽量気泡コンクリートパネル)は、安価で施工がしやすいため、多くのハウスメーカーで好まれ、日本の住宅に使われる外壁材のうち約8割もの使用率を占めているほどです。
その反面、外気に影響されやすく、夏暑く・冬寒い住宅の原因になること、約10年で塗装が色落ちしたり、表面が割れたりすること、外壁材の隙間をふさぐコーキング(接着剤)は、3~7年で硬化するため、亀裂が生じやすく、雨漏りが発生する恐れがあることなどのデメリットがあります。
亀裂が入った状態を放置しておけば、雨や湿気などが侵入し、いずれは構造体をダメにしてしまいます。また、断熱パネルに比べて非常に重く、柔軟性がないため、人の身体に感じない微妙な揺れでも、家全体に大きな負担がかかり、ひび割れや脱落の可能性があります。

 

◎ビニールクロスは呼吸しない上、添加物が含まれているため使用しません!

ビニールクロスは呼吸しない上、添加物が含まれているため使用しません!内装材としては、紙クロス、和紙クロスなど、健康にやさしいクロスも開発されていますが、価格が高く施工が難しいため、日本では安価で工期が短縮できるビニール系クロスが広く普及しています。しかし、ビニールクロスは、透湿や調湿の効果が期待できない「呼吸しない壁」のため、高温多湿の日本の風土に適していません。しかも、ビニール系クロスは、静電気を生じやすく、ホコリが付着しやすいという難点があります。
もうひとつのデメリットは、防カビ剤、防腐剤、難燃剤などの添加物が含まれていることです。また、いずれのクロスを使用する場合も、貼るための接着剤には有害化学物質が含まれています。有害化学物質をできる限り排除するという基本的な考えから、クロス自体を使用しません。

 

◎調湿効果の少ないグラスウールは使用しません!

調湿効果の少ないグラスウールは使用しません!日本の住宅の寿命が短くなった大きな原因のひとつに、断熱材の施工不良による内部結露があります。特にグラスウールは、価格が安く施工が簡単というメリットはありますが、文字通りガラスでできた繊維のため、水分を吸収しても調湿性能が低く、温度・湿度などの条件により、カビ、ダニが発生します。壁内のカビは、建物の構造体を腐らせ、住宅の寿命を短くしてしまう恐れがあります。また、グラスウールは充填率が低く、密度も小さいものが多いことから、断熱効果も期待できず、断熱材としては致命的な欠点を持っています。

 

◎衛生的な天然素材のリネンカーテンをお勧めしています!

衛生的な天然素材のリネンカーテンをお勧めしています!亜麻(フラックス)という植物からつくられるリネンは、ヨーロッパでは最高の素材として扱われ、生活に根付いています。100%天然素材なので静電気が起こりにくく、ホコリも吸着しにくい、健康的で衛生的な素材です。
リネンは、シワになったり縮んだりという点はありますが、汚れが落ちやすく丈夫で、使っていて飽きがきません。使うほどにしっとり柔らかく、いい風合いになるのが特徴です。また、リネンというと夏のイメージを持たれるかもしれませんが、リネンは繊維の中に熱を溜めることができ、サーモスタット繊維と呼ばれるほど保湿性が高い素材で、耐久性にも優れ、10年、20年とご愛用いただけます。

 

◎特別なイグサを使って安らぎの畳を実現!

特別なイグサを使って安らぎの畳を実現!一般に流通しているほとんどの畳が「化学畳」であることをご存知ですか?
天然素材であるワラを使用した畳は、JIS規格で防虫処理が義務づけられていますが、防虫処理に使用されている薬剤は規制されていないのが現状です。多くは有機リン酸などの劇薬が使われています。真新しい畳の青い色も、化学染料によって着色されているものが少なくありません。また、畳表だけでなく、一般的な畳は、畳内部にもスタイロなどの石油製品が使われているものがほとんどです。
よく畳の上で赤ちゃんを寝かせると、熟睡するという話を聞きますが、本物の畳には「フィトンチッド」やバニラに含まれる「バニリン」などの香り成分が含まれており、森林浴と同じ効果があるといわれています。また、室内の二酸化炭素やホルムアルデヒドなどを取り除き、空気を浄化する作用もあります。

 

◎IHクッキングヒーターではなく、ラジエントヒーターをお勧めしています!

IHクッキングヒーターではなく、ラジエントヒーターをお勧めしています!大量の電磁波を放射するIHクッキングヒーターの代わりに、ぜひお勧めしたいのがラジエントヒーターです。ラジエントヒーターは、リボン状の金属片を発熱させ、その下にあるセラミックを温め、遠赤外線を利用して調理をするしくみです。ラジエントヒーターも電熱コンロですから、多少の電磁波は出しますが、実際に測ってみると、IHクッキングヒーターの数百分の1程度です。何より遠赤外線効果で、料理がおいしくできます。質量が備長炭の約3倍ともいわれる遠赤外線は、素材の表面だけでなく、奥深く浸透する特殊な性質を持っているので、放射を吸収した素材内部からも加熱されます。このため加熱効率がよく、色、香り、風味が損なわれにくく、加熱速度も速いのです。さらに遠赤外線は、その他の熱源に比べて、素材のうま味を引き出し、酸味、苦味を抑えてコクを出す効果があり、料理を一層おいしくしてくれるのです。また、鍋の種類を問わず、余熱料理ができるのも特徴です。

 

◎ドアには正真正銘の無垢の一枚板を採用

ドアには正真正銘の無垢の一枚板を採用一般的に流通している日本製の化粧合板ドアは、集成材の台板の表面に0.2mmの薄さの木目調プリント板を貼ったもので、製造工程においてさまざまな有害化学物質が使用されています。また、一見立派な無垢のドアに見える海外製のドアも、実はそのほとんどが合板などの台板に3~4mmにはいだ木材をはさむように貼り合わせたものであり、同じく有害な成分が含まれています。利行建設では、正真正銘「天然無垢」のドアを使用します。

 

◎“安全+持続”次世代の木材保存剤でシロアリなどの害虫から守ります。

“安全+持続”次世代の木材保存剤でシロアリなどの害虫から守ります。今までの防蟻防腐剤は、殺虫成分が揮発して、シロアリや腐朽菌を攻撃するものが一般的でした。殺虫成分が揮発して飛んでいってしまうので、効果は最大5年と短期間でなくなります。また、殺虫成分が居住空間に入りこむことは、シックハウスにつながります。
利行建設では、揮発しない無機物「ホウ酸塩」を採用したボードディフェンスを使用し、大切な家を害虫や菌による劣化から守ります。