大分で自然素材の注文住宅をたてるなら、利行建設へお任せください。

安心・快適・安全・長持ちの家 家族の未来が見える そんな豊かな暮らしができる注文住宅 利行建設がご提案いたします

  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 利行建設のこだわり
  • ホーム

会社概要

本社
大分営業所


利行建設のスタッフ

私たちの想い

戦後、住宅難の中で大量供給出来るプレハブ住宅が増加し、住宅産業は間違った方向に進んでしまい、家の寿命は30年足らずになってしまいました。

長持ちしない日本の住宅、そして、住む人が不健康になってしまうような間違った家づくりを、古き良き時代の文化と、現在のテクノロジーを融合させ、新建材(工場生産材)を最高の材料だと思い、よりよい家づくりに信念を持って行って来ました。

では、なぜ日本の住宅は寿命が短いのか?ショックハウス症候群(病気の家)で悩まされる人が増えるのか? 日本の高温多湿な風土に合った住宅ではないということ、つまり建物内の品質が悪化してきたこと、そして内部結露を発生させる断熱工法が原因であると考えます。

それは、様々な工法の住宅を見てきたからこそ断言できるのだと確信しております。様々な工法の住宅をリフォームする中で、断熱材が水を吸い下に落ち、カビている家、雨漏りで通柱や土台が腐って倒壊寸前の家、シロアリや腐朽菌で木材がボロボロの家、新建材のフロアの床を踏み落した家、など本当にたくさんの建築物を見てきました。

ご存知ですか、日本はこれだけの技術国、輸出国でありながら、サイディング・合板・フローリング・建材ドアなど、日本の住宅にほとんど使用されている新建材は、全く輸出されてません。要するに住宅産業分野においては、海外ではさすがの日本もまったく相手にされてないということです。
海外の人が最近の日本の住宅を見て、ペラペラの偽物をバタバタと使って建ている「テレビなどで大道具さんがつくるセット」みたいな感じに見ているそうです。

私たちは、住宅メンテナンスや耐震事業で培ってきた「安心で長持ちさせる家のノウハウ」や、リフォームで「ライフスタイルを含む住まいの問題を解決」してきた経験を活かし、日本でスタンダードとなっている大道具のセットのような、供給側の都合のいい家ではなく、そこに住む人がいかに健康になるか、いかにして長持ちさせることが出来るかを真剣に考え、本当の家づくりを追求します。

家を建てることがゴールではなく、建ててからが本当のスタートです。
本物の木の家は時間と共に味わい深くなり、10年経ったら10年の顔、50年経ったら50年の顔があります。ずっと家族と一緒に生き続けます。これからもお客様と共に歴史を刻んでいきたいと考えています。

素敵な職人さんの笑顔から見れるもの

素敵な職人さんの笑顔から見えるもの

「利行建設の家づくりは、毎回大変だよね。同じ家がないしね。
でも、やりがいがあるよ。お客さんの顔も見えるしね。」


建売などは、造り終えた後にお客さんがつくので、顔が見えません。
また、画一的な住まいを作っているメーカーでも、その家からはそこの住む家族の臭い、
ライフスタイルが見えてきません。
冬は氷点下に近い中、そして夏は炎天下の中で頑張っている職人さん。
そのプライドと熟練のクラフトワーク。
そして、次世代の工法をリンクさせた人に優しく、快適な住まいをと。
それが私たち、そして現場で汗を流す職人さんの心からの願いです。
すべての「技術」「職人技」に責任を持ち、あなたの住まいづくりをサポートいたします。

私たちが自信を持ってお届けする「こだわりの家」を、是非ご覧ください。

利行建設のこだわりの家

私が「利行次男」です

1956年10月1日、父:昭治、母:タキエの二男として生まれました。

幼少の頃、兄が小児麻痺にかかり、医療費を稼ぐために父は出稼ぎに、母は日銭稼ぎの土方にと、その日暮らしの生活を送ってました。

しかし、看病のかいなく兄は9才の若さで生涯を終えてしまい、私は名前が次男で有りながら、長男になったわけです。兄の死後、父は地元で大工を営み、私は父の1番弟子と寝起きを共にし、学校に通いましたが、休みの日は大工の手伝いや、左官の手伝が日課でした。

高校卒業後、建築の大学に進学し、卒業と同時に大分の建設会社に就職しました。
主にRCの現場が主体で、そこでの現場監督をしていました。

27才の時に会社が身売りをしたことををキッカケに、実家に帰り、今まで通りの仕事をしようとしましたが、父は、モノ造りが全て!現場監督や、管理者なんて何をする人か!...と言った感じの昔ながらの職人気質で、仕事を手伝う=すなわち職人であり、自分が職人となり生計を立てるしかないと決意し、家づくり職人の道を歩き始めました。

技術を磨き、2~3年でいっぱしの職人と言える位になり、技術さえあれば仕事は絶対に無くならない!との思い込みから、色々な造り方をしては、自分で満足をしていました。

しかし、現実は全く違い、ハウスメーカーや、営業力のある所以外には仕事がこないことに気づき、何とかならないものか・・・と色々考えていた時に、ナックのDMに目が留まり、福岡まで説明会に行ったのです。
タマホームの玉木社長の実践体験談を聴き、今、私が出来る事はこれしか無いと思い、即申し込みをしました。

ところが、資金が500万円必要ということで、親に相談しましたが「何も保証のない事にそんな大金は出せない」と断られ、銀行に融資を申し込みましたが、すんなりと融資してくれるはずもなく、保証人を立てることで何とか融資を受けることができました。

研修を受け、価格の決定から営業の仕方、ポップ作成など、今までに経験したことのない色々な事を教えられ、それを実践しはじめたところ、解らないなりに仕事は今までよりも来るようになりました。

これで何とかなると思ってましたが、現実は甘くありません。ローコストの住宅戦略は競合する会社が多く、営業力の無い当社は、なかなか受注につながらず、試行錯誤している時に、澤田さんが立ち上げる会に出会ったのです。
澤田さんがやることに絶対に間違いはない!と思い、説明を受け、これしかないと確信し、すぐに決断しました。

自分に嘘をつかず、お客様に喜ばれる夢のような話しで、本当に素晴らしい材料を使用することができ、今まで当り前に使用していた材料が、本当は住む人には害になることを知りました。

わかった以上は、危険な材料は決して使わない。住んでいる人が、健康になる家造りを進めて行くことが、私に課せられた義務と責任だと思い、本物の家づくりに邁進しています。

私が自信を持ってお届けする「こだわりの家」を、是非ご覧ください。

利行建設のこだわりの家

大分の利行建設が目指すのは、誰もが快適に過ごせる家づくり

近年では、デザインなどにこだわりを持つ注文住宅も増えてきましたが、私たちが大切だと考えるのは、長く住むことのできる健康住宅です。自然素材を使った無添加住宅へのこだわり、建設後のメンテナンスなどに注力し、少しでも長く住める住宅を目指しています。
みなさんが快適に暮らせる注文住宅を提供するためには、「本当に良い家づくりとは何か」を私たち自身が常に追求し続けなければなりません。これまでのノウハウを活かしつつ、さらに“良い家づくり”を目指し、大分の利行建設は、今後も邁進してまいります。